HomeCategoryPresent page

水素水とは?

水素水とはその名の通り気体の水素を溶解させた水のことで、無味、無臭、無色の液体です。学術的には「水素豊富水」と呼ばれ、水(H2O)に一定以上の水素(H2)が含まれたものを指しています。

水素水は主に次の三つの方法で作られています。
まず、高圧の水素ガスを直接水に溶かす方法。
現在市販されている飲料用水素水の多くはこのタイプです。
次にマグネシウムを使う製法。
水とマグネシウムを化学反応させて発生した水素を水に溶かしたものです。水素水スティックがこれにあたります。
そして電気分解による製法。
家庭用の水素水生成器はおもにこの方法で水素水を作っています。

もともとは工業用として半導体の洗浄などに使われていましたが、2007年に日本医科大学の大田成男教授の論文「水素は細胞障害性酸素ラジカルの選択的還元により治療に有効な抗酸化剤として作用する」がネイチャーメディシンに掲載されてから、水素水の健康効果が注目されようになりました。
これは、活性酸素には人間の体にとって有用なものと害を及ぼすものがあるのですが、 水素はそのうち有害な活性酸素に対してのみ還元作用を発揮するというものです。
それ以降、研究が進むにつれて、多くの疾患や症状に対する効能、効果が臨床試験によって明らかにされています。

医療や美容の現場では、すでにさまざまなかたちで水素が取り入れられており、数多くの効果が報告されています。
ただ、本格的な水素水研究はまだ始まったばかりで、十分な医学的エビデンスを得るには今後の研究の結果を待たなければなりせん。

ページトップへ

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) SimpleTmpl009 All Rights Reserved.